2009年05月03日

◆忌野清志郎さんが死去

2009年05月02日
〜RCサクセションのボーカル〜
< 05/02 23:38 共同通信> より

 

ロックバンドRCサクセションのボーカルとして「雨あがりの夜空に」などのヒットを放った歌手の忌野清志郎(本名栗原清志)さんが2日午前零時51分、がん性リンパ管症のため東京都内の病院で死去した。58歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。一般の弔問を受け付ける告別式は9日午後1時から東京都港区南青山2ノ33ノ20、青山葬儀所で。喪主は妻栗原景子さん。

2006年7月に喉頭がんと診断され、入退院を繰り返しながら治療していた。

高校在学中にフォークグループとしてRCサクセションを結成し、1970年デビュー。「ぼくの好きな先生」(72年)がヒットした。

70年代半ばからは、エレキギターを導入してロックバンドに。シンプルな言葉でつづった歌詞を泥くさく歌い上げるスタイルが受け、「トランジスタ・ラジオ」(80年)や、ソロとして坂本龍一さんと共演した「い・け・な・いルージュマジック」(82年)など、ヒットを連発した。派手な衣装とどぎついメークも親しまれた。

ステージ上で「愛し合ってるかい?」と叫ぶなどとっぴなトークが人気で、社会派の論客としても活躍。88年には反原発の曲を含むアルバム「COVERS」を所属レコード会社が発売中止。急きょ別会社から発売する騒ぎになった。

RCサクセションは91年に活動休止。90年代以降は、ソロとして「パパの歌」をヒットさせたほか、演歌歌手の坂本冬美さんやジャズミュージシャンらとジャンルを越えた音楽活動を続けていた。詳細>>偲ぶ
posted by 音の旅人 at 13:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

◆1969年 JAZZ探訪記

8/29(土)

12時15分発新幹線こだまで
富士で車両不良で足止め。
急に気が変わり甲府へ
甲府に着いたのは夜の6時40分

8/30(日)

終日ぶらぶら。
夜 Jazz喫茶「Daytona」へ
LIVEが出来るようにピアノとドラムがおいてあった。
マイルスが中心のレコード、他にはスイングジャーナルのずっこけおじさん(5つ★)中心のコレクション。
スピーカは天井に取り付け、席は用意していないが、カウンターにトロンボーンが置いてあり、壁には数枚のパネル。
JAZZに関係のないパネルに混じり、アニタオデイとウェィンショーターがあった。
駅中央平和通りを歩いて郵便局と警察の間を曲がり、デパートを通り過ぎて次の角を右折、すぐのところだが、看板がわかりにくかった。
少し汚れた感じの店だのに、店内は時間からすると、とても明るすぎて白けていた。
詰め込めば、35人程度の店。
このあと、温泉地で一泊。東京へ。

(クリック)東京へ>>
posted by 音の旅人 at 17:39| 大阪 ☁| Comment(1) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

◆JAZZ的発想 不可解な世界

切り刻まれたレモンの切り口

再結晶のしずく

深淵なる俺の心に およぶものか


開かれた百科事典の1ページ

高慢なバラのつぼみ

お前たちがドロ沼に沈んだとき

俺はメシアとなろう


バクが楽園(パラダイス)の片隅で

泣いている

バクを助けるほど

俺はロマンチストではない


S43.5.25
posted by 音の旅人 at 14:07| 大阪 | Comment(0) | ことば遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

◆GET BACK JOJO

その昔(40年前)、大阪駅前第一ビルから、北区太融寺に移ったJOJO(ジョジョ)があった。そのJOJOがビートルズの「GET BACK JOJO」から名前をとったと知る人は少ない。
JAZZ喫茶であったため、当時の有名なギタリスト、高柳氏のニックネームがジョジョであったため、彼のニックネームから由来していると思っている人も多かったようだ。
そのJOJOが復活しよう準備中である。

BEATLSの「GET BACK JOJO」の歌詞は詳細>>をクリック

詳細>>
posted by 音の旅人 at 10:01| 大阪 | Comment(1) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

◆アフターミッドナイト

私はどんな音楽でも聴くが、最近は特にのんべになったせいか、ライムをあしらえたバーボンソーダを横に置いて飲める音楽をこよなく愛しています。昔は、ニューミュージック、フリージャズをキチガイのように聴いていたとは自分でも信じられないくらい。今日は、お洒落なナットキングコールのアフターミッドナイトを紹介します。 JAZZでバイオリンというと信じられないかもしれませんが、このレコードの中のスタッフスミスというおじさんは、とてもブルージーな演奏でうきうきしてきますよ。聴きたい人は、西区新町のマンハッタンというJAZZ喫茶でリクエストできます。


* NatKing Cole
歌手として名声があるが、ピアニストとしても1級である。ナタリーコールの親でもある。このレコードは仲間内でくつろいだLIVE盤である。


ちなみに、JAZZ喫茶マンハッタン(最近はLIVEも多いようですが)
大阪市西区新町のこのお店は、
地下鉄「心斎橋駅」から四ツ橋駅方面へ徒歩約360m
地下鉄「四ツ橋駅」2番出口を北へ徒歩1分 の便利な場所。


--------------------------------------------------------------------------------
このお店は、2006年に閉店してしまった。
マスターなど知っている方がいれば、コメントに書き込みを!
posted by 音の旅人 at 00:07| 大阪 ☔| Comment(0) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。