2009年04月20日

◆JAZZ的発想 不可解な世界

切り刻まれたレモンの切り口

再結晶のしずく

深淵なる俺の心に およぶものか


開かれた百科事典の1ページ

高慢なバラのつぼみ

お前たちがドロ沼に沈んだとき

俺はメシアとなろう


バクが楽園(パラダイス)の片隅で

泣いている

バクを助けるほど

俺はロマンチストではない


S43.5.25
posted by 音の旅人 at 14:07| 大阪 | Comment(0) | ことば遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

◆ちっぽけな空

 新幹線の中で書いています。
 私の名前は雅美。
 最近とてもつまらないのです。
 私の頭の中は、昨日のこと、今日のこと、明日のことでいっぱいなのです。
 明日が今日になれば、今日は昨日。毎日、時の追いかけっこ。
 昔は楽しい追いかけっこも、今では苦痛なのです。できるだけ苦痛を感じたくないのですが・・・・・。
 私はよく旅をします。今は東京に住んでいますが、以前は大阪、その前は京都、もう一昔前は・・・・・。
 私はどこから来たのでしょうか? このちっぽけな空の、それでいて何億という感情を持った生物の居る(考えるだけでも恐怖感のある)わけの分からない星の中で動きまわっています。
 私の生活は、旅の延長線上にあるのでしょうか。
 私は音が好きです。
 東京は雑音の街です。そんな雑音の中で時々気に入った音を見つけます。
 他の人が、私の気に入った音を聞けば雑音で、私の気に入らない音のほうがすばらしく感じるのかもしれません。
 私は変人ではありません。すばらしい雑音だってあると思うのです。
 私は時々クラブでピアノを弾くことがあります。でも酒の外に演奏があります。
 酒の外に演奏があるとき、ナイフとかフォークが食器とぶつかり合う音、だらしのない口から出てくる音などとても気になってつまらなくなります。
 そんな状況で演奏していると、あるレコード会社の人が録音をしていて、とてもすばらしいと評価をしてくれました。
 私は涙が出てきました。とても悲しかったのです。
 私は最近演奏中にピアノをハンマーで叩きたくなります。
 たたく位置によって、とてもやさしい音がでます。
 毎日演奏前に、ピアノのどこを叩けばやさしい音がでるのか考えるようになりました。
詳細>>
posted by 音の旅人 at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | ことば遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。