2009年04月24日

◆1969年 JAZZ探訪記

8/29(土)

12時15分発新幹線こだまで
富士で車両不良で足止め。
急に気が変わり甲府へ
甲府に着いたのは夜の6時40分

8/30(日)

終日ぶらぶら。
夜 Jazz喫茶「Daytona」へ
LIVEが出来るようにピアノとドラムがおいてあった。
マイルスが中心のレコード、他にはスイングジャーナルのずっこけおじさん(5つ★)中心のコレクション。
スピーカは天井に取り付け、席は用意していないが、カウンターにトロンボーンが置いてあり、壁には数枚のパネル。
JAZZに関係のないパネルに混じり、アニタオデイとウェィンショーターがあった。
駅中央平和通りを歩いて郵便局と警察の間を曲がり、デパートを通り過ぎて次の角を右折、すぐのところだが、看板がわかりにくかった。
少し汚れた感じの店だのに、店内は時間からすると、とても明るすぎて白けていた。
詰め込めば、35人程度の店。
このあと、温泉地で一泊。東京へ。

(クリック)東京へ>>
posted by 音の旅人 at 17:39| 大阪 ☁| Comment(1) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

◆GET BACK JOJO

その昔(40年前)、大阪駅前第一ビルから、北区太融寺に移ったJOJO(ジョジョ)があった。そのJOJOがビートルズの「GET BACK JOJO」から名前をとったと知る人は少ない。
JAZZ喫茶であったため、当時の有名なギタリスト、高柳氏のニックネームがジョジョであったため、彼のニックネームから由来していると思っている人も多かったようだ。
そのJOJOが復活しよう準備中である。

BEATLSの「GET BACK JOJO」の歌詞は詳細>>をクリック

詳細>>
posted by 音の旅人 at 10:01| 大阪 | Comment(1) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

◆アフターミッドナイト

私はどんな音楽でも聴くが、最近は特にのんべになったせいか、ライムをあしらえたバーボンソーダを横に置いて飲める音楽をこよなく愛しています。昔は、ニューミュージック、フリージャズをキチガイのように聴いていたとは自分でも信じられないくらい。今日は、お洒落なナットキングコールのアフターミッドナイトを紹介します。 JAZZでバイオリンというと信じられないかもしれませんが、このレコードの中のスタッフスミスというおじさんは、とてもブルージーな演奏でうきうきしてきますよ。聴きたい人は、西区新町のマンハッタンというJAZZ喫茶でリクエストできます。


* NatKing Cole
歌手として名声があるが、ピアニストとしても1級である。ナタリーコールの親でもある。このレコードは仲間内でくつろいだLIVE盤である。


ちなみに、JAZZ喫茶マンハッタン(最近はLIVEも多いようですが)
大阪市西区新町のこのお店は、
地下鉄「心斎橋駅」から四ツ橋駅方面へ徒歩約360m
地下鉄「四ツ橋駅」2番出口を北へ徒歩1分 の便利な場所。


--------------------------------------------------------------------------------
このお店は、2006年に閉店してしまった。
マスターなど知っている方がいれば、コメントに書き込みを!
posted by 音の旅人 at 00:07| 大阪 ☔| Comment(0) | 音・昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。