2011年05月03日

詩集・花がたりV 芒 「嵯峨京子」

詩集・花がたりV

susuki.jpg

彎曲する芒は
抱きしめかばう
こごんだ母の背
綿のついた穂からは
こどもたちの声がする
posted by 音の旅人 at 14:13| 大阪 🌁| Comment(0) | 詩集・花がたり「嵯峨京子」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。